頻尿サプリメント 人気

MENU

前立腺肥大症の症状とは

 

 

前立腺肥大症の症状は、第一期〜第三期までがあります。無論、第一期の症状がかるいうちに症状の改善を行う方が早期解消の可能性があがります。
第一期は刺激期と言われ、前立腺が肥大化する箇所が尿道を刺激することから尿道に異変を感じたり尿意が増えたり、就寝時間体に頻尿になるなどの症状を感じます。
しかし、これらの症状を軽く考えてそのままにしていることもあり、放置していると第二期へと進んでしまう事があります。
第二期は残尿発生期と言われ、残尿感にプラス頻尿がより強くなり、排尿困難が一緒に起こるようになります。
力を入れないと排尿が出来なくなったり、アルコールを飲んだり乗り物に乗った際に前立腺が充血することによって排尿が困難になることもあります。
排尿の時の勢いがなかったり、トイレに間に合わず漏れてしまったり、出そうとしてから出るまでに時間を要したり、トイレに行ったばかりなのに少量の尿が漏れてしまうなどの排尿障害は、だんだんと症状が重くなります。
第一期の時に気付いて処置を行っていれば、症状を抑えることも可能の場合があるので、早急にかかりつけ医などに話してみましょう。
第三期は慢性期で、慢性期になると残尿はより増えます。毎回排尿が難しくなり、排尿痛を感じることもあります。
第二期は50〜150mlの残用も、第三期には300mlを超えると言われています。300ミリリットルは、小さいペットボトルが1本弱分、計量カップにすると1杯半といった量となります。
こぼすとジャジャーという多い量が流れるような尿の量となるので、出ない状態はとてもしんどいと思います。前立腺肥大症の症状は排尿困難がほとんどです。しかし尿が出ないのみでなく排尿痛を感じるのもこれの性質です。
症状が悪化すれば病院を受診するのは当然ですが、最初の段階で治療をしていくのが最も大事な対処法です。