頻尿サプリメント 人気

MENU

排尿痛と頻尿

〇排尿痛や血尿を伴う頻尿

 

排尿痛、血尿の症状がある時は、急性膀胱炎の可能性があります。急性膀胱炎は、尿道から細菌が入り、短い期間で発症するという膀胱の感染症です。原因の一つに、セックスが原因となることもあるそうです。
この病は、軽い症状であればトイレが近くなったり残尿感を感じる、排尿の際に痛みを感じるなどの症状で、抗生物質を飲むことで短期間での治療が一般的です。
血尿が出ると、どの人も最初は驚いて悪い病にかかってしまったのではと不安になりますが、膀胱炎でも、症状が強くなると血尿になることがあります。
膀胱炎での血尿は、排尿の終盤に出るのがポイントで、血の色が徐々に濃くなって、いくぶん濃い血尿が出ることも多々あります。他にも、炎症が強い時は、排尿痛も強くなり、腰痛を感じることもあります。
しかし、血尿は膀胱炎の身でなくその他の病を発症している可能性もあります。膀胱癌だったり。結石により血尿や排尿痛の原因となっている場合もあります。
他にも、血尿は酷い疲労が原因で出ることもあり、尿路感染の他にも全身の病が原因となっていることもあります。
例えば、熱があったり酷い腰痛がある際は、腎盂腎炎の可能性もあります。腎盂腎炎も膀胱炎と同様に細菌感染が原因の病で、膀胱炎から腎盂腎炎に変わることもあるので、発熱を感じたら、早めに検査を受ける事をお勧めします。
膀胱炎になった際、女性は内科での治療が多いですが、何度も引き起こしたり、排尿痛がひどかったり、血尿が出るような重症の場合は、泌尿器科を受診すると良いでしょう。