頻尿サプリメント 人気

MENU

ノコギリヤシの副作用

 

 

ノコギリヤシの効果で良く知られているのが、前立腺肥大症を防いだり、薄毛を防ぐ効果です。前立腺肥大によって排尿に障害が出ることも改善が見込めると言われており、これらの全ての原因は、5αリダクターゼという物質が関係しています。
ノコギリヤシには5αリダクターゼの作用を抑制する成分が含まれており、そういったことからこれらの症状に効果的と言われているのです。
ヨーロッパでは、1990年に前立腺肥大症への効果が望めると医学博士が発表したことによって、ノコギリヤシは医薬品に認可されました。日本では今は健康食品としての扱いですが、近い将来医薬品として認可されるかもしれません。
前立腺肥大症とは、男性独自の臓器である前立腺が肥大化してしまう病です。年齢を重ねることで肥大化する性質があり、50歳代では50%の男性、70歳代では70%の男性が前立腺肥大になると考えられています。
ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが、過剰に反応するというホルモンバランスの乱れから病の原因となります。女性が更年期障害に苦しむのと同様に、男性にもホルモンバランスによって支障があるのです。
年齢を重ねることからとは言いますが、若いうちからホルモンバランスが乱れるようなことであれば、若い年齢でも前立腺肥大になりかねません。
ノコギリヤシは前立腺の炎症を起こす物質のもとになる酵素の作用を抑制してくれ、一緒に炎症を鎮める働きがあります。
また、薄毛の原因になるジヒドロテストステロンを抑えてくれるので、脱毛症を防ぐことも可能です。ノコギリヤシは天然の植物が原料なので、薬にある副作用はあまりないと考えられています。薬の副作用が気になるのであれば、ノコギリヤシで自身の体を正常な状態にしてあげるといいかもしれません。