頻尿サプリメント 人気

MENU

過活動膀胱・低活動膀胱について

 

 

過活動膀胱を煩っている人は、40歳以降が多いと言われています。
通常は尿を溜めている間は大脳から膀胱へ、自然と収縮しないように指令が送られています。ですが、脳やせき髄などの膀胱をコントロールしている神経系の作用に障害が生じると膀胱が過活動の状態になり、頻尿が生じます。
過活動を起こす病には、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害、水頭症や頭部、脊椎の怪我や脊椎管狭窄などがあります。
排尿反射を抑制する機能が衰えると、膀胱はしっかりと緩むことが出来ないので、膀胱の容量が少なくなり頻尿となります。この症状が悪化すると、次は排尿出来る状態まで我慢がきかず、尿漏れを生じる切迫性尿失禁を引き起こす事があります。
また、前立腺肥大症があり、尿を出すために常に無理をしている状態が長期にわたり続いていると、膀胱が同様に過活動の状態になります。
反対に、低活動膀胱でも頻尿の原因となることがあり、排尿障害は中高年から先に生じることが多いですが、この低活動膀胱は、性別問わずに若い人でも生じることがある症状です。
尿は袋状になっている膀胱が収縮することで排尿されるのですが、低活動膀胱はこの収縮力が衰えるので、尿のキレが悪くなったり出が悪くなったり、残尿感を感じるような症状が出ます。
低活動膀胱の症状では、特にお腹に力を入れながらでないと排尿が困難であったり、また排尿そのものが厳しい事もあります。膀胱に尿が残るので、膀胱にすぐに尿が溜まるため、頻尿の症状が表れます。