頻尿サプリメント 人気

MENU

更年期の頻尿について 

更年期にさしかかった女性で、頻尿と尿がなかなか出ない、残尿感を感じると言う人は、女性ホルモンのエストロゲンが足りていないのが原因の可能性があります。
膣や尿道が委縮し狭くなって尿が出にくくなったり、頻尿となったりすることがあるのです。

 

 

〇更年期の女性の頻尿は、ホルモンバランスが関係している?

 

女性は閉経すると、エストロゲンがだんだん減少し、体の様々な部分にこれまでとは違う事が起こります。例を挙げると、皮膚や粘膜に潤いがなくなっていきシワが出来たり。膣や尿道の粘膜も潤わず、尿道もだんだん狭くなっていくのです。
このように通り道が狭くなってしまう事で膀胱に溜まった尿はしっかり出ずに、ちょろちょろとしか出なくなったりしてしまうのです。それが悪化すると、尿道がとても狭くなり、尿が出てくるまでに時間を要するようになったり、力を入れても尿がほとんど出なくなったりしてしまうのです。
しかしそれでも膀胱には尿が溜まっているため、お腹に重さを感じたり、残尿感がずっと続くようになり苦痛になっていきます。
他にも、子宮を支えている組織が衰え、子宮がどんどん下へ降りてしまったり、まれに子宮が膣の外に飛び出してしまう子宮脱になるので、尿道があっぱくされ出にくくなるという事もあります。
その他に、子宮ではなくて膀胱が下に降りてきて膀胱瘤という、膀胱が膣壁に沿って落ちてしまい、その一部が股間へと出てしまうという状態となるので、尿がなかなか出なくなると言う事もあります。
膣や尿道が女性ホルモンが足りないことで狭くなると言う時は、尿道を広げるのではなく女性ホルモンを補うという治療で、症状の緩和が望めることもあります。他にも、膀胱脱や膀胱瘤の際は、外科的な治療だったり、器具を用いての治療方法があるので、それによって頻尿や尿がなかなか出ないという症状が改善可能です。