頻尿サプリメント 人気

MENU

高齢者が夜中に何度もトイレに行くのはなぜか

〇高齢者が夜中に何度もトイレに行くのはなぜか

 

夜間頻尿は、高齢者がなっていることが多いです。
何故かと言うと・・・
・老化が進み心臓の働きが鈍くなり、その他の活動を行っている昼間は尿がきちんと作られず、夜間にその働きが回って夜間の尿の量が増加するため、夜間のトイレの回数が増えるのです。
・眠りが浅くなるのでふと起きてしまい、そのついでにトイレに行ってしまう。このパターンは、自身はトレイに行きたいから目が覚めると錯覚してしまいます。
現に、このような原因が何個も重なるケースが多く、いずれにしても、寝る前には水分を多く摂れば、その分夜間に尿の量が増加するのは当たり前で、寝る前の水分摂取量を減らさなければトイレに行く回数を減らすことはできません。
ですが、過度に減らしてしまうと脱水症状のリスクが高まるので、そちらも気をつけなければなりません。睡眠不足になっていなければ、気にしすぎるのもよくないかもしれません。
ですが、高齢者の夜間頻尿のケースは、水分を控えるだけで問題解決を行う前に、重い病が関係しているかもしれないので、泌尿器科などで検査してもらうと良いですね。
治療の前に、実際に夜の尿の量が多いか否かを調べる検査を行い、正確な判定を要します。気になる方は、紙コップなどで一度尿を採ってみて、どのくらい出ているのかを見てみましょう。目安は、一晩につき体重1キロあたり10ml、体重が50キロの人は500mlを超える量になると、尿の量が多いと考えられます。