頻尿サプリメント 人気

MENU

残尿感や頻尿

〇頻尿になると残尿感を感じやすい

 

尿が快調に出ない状態が継続し、膀胱から出ることが出来なかった尿、つまり残尿が溜まり、そのせいでトイレが近くなるという頻尿があります。
この頻尿の原因となる病は、前立腺肥大症、前立腺がん、尿道が狭くなる尿道狭窄という尿道の通りが良くないものが一般的です。
トイレに行ったとしても、常時膀胱には尿が残っているので、さっきトイレに行ったのにまたすぐ行きたくなったり、常時残尿感があったりと、何をしてても気になってしまいますし、外出でなかなかトイレに行けない状態が不安になってきてしまいます。
また、子宮摘出手術を行った後や、脊髄の怪我の後遺症、また糖尿病などから、膀胱の神経が麻痺した状態になり残尿による頻尿が生じることもあります。
どの場合でも、膀胱の容量は一般的な量よりも小さいというワケではないのですが、尿が出る際にしっかり出来切らないため、残尿感が続き溜まっていくのです。
このタイプの残尿は、排尿の際に力を入れないとなかなか出なかったり、排尿に勢いが無かったり、尿の線が細いなどの排出に苦戦する症状を伴う事が頻繁になります。
原因となっている病が悪化し、排尿がより難しくなると、尿漏れが生じたりしてしまいます。最も注意したいのが腎不全で、腎臓の機能が止まり、急性になると短期間で腎臓機能が突然低下し、乏尿や無尿などの症状が生じます。慢性腎不全になると、長い時間をかけて発病します。
こうなってしまったら、緊急措置を要します。
残尿が増えてしまっているかを調べるには、カーテルを挿入するか超音波によって検査し、その結果から治療方法が決定されます。